品番:OP-HINGE

開閉機構

蓋やカバーを取り外さずに開閉したい場合のオプション加工です。
特長
Q&A

蓋やカバーを取り外さずに開閉したい場合のオプション加工です。
製品の仕様やお客様のご希望に合わせて選定し、取り付けいたします。

開閉機構の例

○バランサー:圧力容器の蓋のような重く扱いづらい蓋をスムーズに開閉できます。
○蝶番:蓋やカバーの置き場所が不要になり、開閉部の紛失も防ぎます。
○ダンパーヒンジ:ゆっくり開閉させることができ、手を挟むケガなどを防ぐことができます。
○トルクヒンジ:開閉の途中で静止させることができ、開いた状態で保持することができます。
○スライド:カバーなどを水平方向に動かすことができ、少しだけ開くなどの調節がしやすいです。
○開閉部に開閉機構を使用しない蓋もあります。 > 分割蓋 > 洗浄しやすい開閉蓋

開閉機構を採用しているオーダーメイド事例

様々なオーダーメイド実績があります

日東金属工業では、様々なステンレス製品をオーダーメイドで製作しております。お気軽にご連絡ください。

オーダーメイドについて相談する 

オーダーメイド事例を探す

蓋のカスタマイズについて知りたい方におすすめの技術コラム

お客様の課題を解決する蓋の加工についてご紹介します。


このコラムを見る

蝶番とヒンジの違いは?

蝶番の英語名がhinge(ヒンジ)ですので同じ意味ですが、どちらで呼ぶかはメーカーや製品によって異なっているようです。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。