材料を丸める

 
 
 
 

容器の胴体部分になる材料の板を丸める、「ロール」という工程です。

容器の胴体部分となる円筒を作るために、まずは専用の機械を使用して平板を丸くロールさせています。

ここでうまく丸めることができないと、後工程に影響が出てしまうため、板の厚さや径の大きさによって条件を変えて作業しています。

容器内径別 製作可能な板厚(単位:mm)

容器の内径 容器高さ可能範囲 製作可能な板厚
φA H t0.7 t0.8 t0.9 t1.0 t1.2 t1.5 t2.0
180 70~700
210 70~700
240 70~1100
270 70~1100
300 70~1100
330 70~1100
360 70~1100
387 70~1100
430 70~1100
470 70~1100
565 70~1100
635 100~1100
770 100~1100
1000 100~1360

STCTHの場合。CTLは別途お問い合わせください。 ※SUS316Lは板厚t0.7mmとt0.9mmでの製作不可。

材質・高さ・板厚違い加工

 

 

 
 
 
 

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP