材料を切る

 
 
 
 

材料を決められたサイズに切断する、「シャーリング」という工程です。

ステンレス容器の元となるステンレスの平板は、予め規定のサイズのものを購入する場合と、社内で必要なサイズに切断(シャーリング)するものとがあります。

製品ごとに板の厚みや材質、サイズが異なるため、作業指示書で間違いがないか確認し、専用の機械で必要な寸法に切断しています。

寸法に誤差が出ないように、また、表面に傷を付けないよう慎重に作業しています。

 

主に使用している鋼種

SUS304、SUS316L BA材、2B材

正しいステンレス素材の選び方

ステンレス板材の主なサイズ

メーター板…1000mm×2000mmの板。

シハチ板…1219mm×2438mmの板。4尺×8尺のサイズなので「シハチ」。

ゴトウ板…1524mm×3048mmの板。5尺×10尺のサイズなので「ゴトウ」。

使用している平板の板厚

t0.7mm~t2.0mm

材質・高さ・板厚違い加工

ステンレス板の厚さの規定

例えばt1.0mm(板厚が1.0mm)の板の厚さを測定すると、ぴったり1.0mmにはならず多少の前後があります。

これはJIS規格にて許容差(±)が決まっているため、規定の範囲内であれば厚みが1.0mmより薄くても板厚は1.0mmと言えるのです。

ですのでステンレス板が作られた時期が異なると、板厚も微妙に異なります。

 

 

 
 
 
 

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP