材料を受け入れる

 
 
 
 
 

購入した材料を受け入れる工程です。

発注した種類の材料が間違いなく入ってきているか、傷などが無いかをチェックしています。

ここでは、製品の元となるステンレスの平板をはじめ、製品に取り付ける部品類もすべて受け入れています。

様々なサイズ・種類の材料が入荷してくるため、入荷後は製品ごとに管理番号を付けて管理しています。

 

埼玉と茨城で作る、高品質のステンレス容器

日本製のステンレス製品と言えば、新潟県の燕三条で作られるものが有名です。

ですので「自社製と言いながらもほとんど新潟の工場に依頼しているのでは」と言われることもありますが、日東金属工業は茨城県のつくば工場と、埼玉県の八潮工場の2つの工場で生産し、全国にお届けしているステンレス容器メーカーです。(一部製品を除く)

 

つくば工場は、部品や継手がついていないシンプルな寸胴の容器など、在庫品を中心とした生産拠点です。

八潮工場は、1965年に稼働を開始した工場で、現在ではオーダーメイド品の生産拠点です。

半世紀以上に渡り、複雑な形状の製品を職人が1つ1つ手作業で製作しています。

会社案内

 

 

 
 
 
 
 

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP