用語集 さ行

一覧に戻る

材料証明書とは サニタリーとは サニタリー継手/サニタリー配管とは
シールとは シールテープとは ジャケットとは
食品衛生法とは ステンレスとは 全周溶接とは
ソケットとは

材料証明書とは

材料の品名・規格・成分や強度などの品質を証明する書類。

材料証明書のうち、特に鋼材について鋼材メーカーから発行されるものはミルシートと呼ばれています。

弊社の場合主にこのミルシートが材料証明書にあたり、ご依頼に応じて有償で発行しております。

 ミルシートとは

材料証明書はバリデーション書類(製品が要求仕様に対して合格か・不合格かを判断する材料)の

ひとつになることもあります。

 バリデーションとは

 

 

 

サニタリーとは

洗浄方法タイトル画像
洗浄しやすい・汚れが残りにくい構造

もともとは「衛生的な・清潔な状態」のような意味ですが、

製造業ではそこから転じて上記のような意味でとして使用されています。

具体的には、ゴミや洗浄液が入り込む細かいすき間がない・分解しやすい構造などを指します。

コンタミネーションを嫌う医薬品・食品・化粧品などでは必須の言葉で、

「サニタリー性」「サニタリー仕様」「サニタリー継手(=ヘルール継手)」といった使い方をします。

 コンタミネーション/コンタミとは  ヘルール継手とは

 

弊社の容器では、サニタリー性向上のため下記のような加工ができます。

・R加工…容器底の角部分に丸みをつける加工  R加工とは

・カールシール… カール部分のすき間を溶接で埋める加工  カールシールとは

・切りっぱなし…容器の端部の縁巻きをなくした加工

・全周溶接…溶接の接合部分を、すき間なく溶接する方法   全周溶接とは

・電解研磨… ステンレスの表面を平滑化しする表面処理  電解研磨とは

・半カール…カールのすき間を大きく作る加工   半カールとは

 

■サニタリー仕様の容器(一例)

【SMA-CTH】サニタリー密閉容器

R加工/カールシール/全周溶接

【BK-SMA】サニタリービーカー

R加工/切りっぱなし/全周溶接

【VAS】316Lサニタリーバット

R加工/切りっぱなし

 

【CTH-EP】電解研磨処理済密閉容器

R加工/カールシール/電解研磨

【PST】医薬品保管容器

R加工/カールシール/全周溶接/電解研磨

 

■ワード

■技術コラム

■製品

 

 

サニタリー継手/サニタリー配管とは

 ヘルール継手とは をご参照ください。

 

 

シールとは

【PQA-RE/PQA-BL/PQA-GR】A型カラーシリコンパッキン flange-p_000

内容物のモレ・内部への異物混入を防止する部品(素材)。

部品や配管の接続部分に使用する部品で、「ガスケット」「パッキン」「Oリング」などの種類があります。

  ガスケットとは  パッキンとは  Oリングとは

 

配管の種類に合った形状と、内容物に合った材質を選択する必要があります。

>> パッキン材質特性一覧表はこちら

 

■ワード

 シールテープとは

■技術コラム

 

■製品

 

 

シールテープとは

ねじ接続部分の密閉に使用されるシール(ガスケット)の一種。

 ガスケットとは

その名の通りテープ状で、ねじ山に巻き付けてすき間を無くすことで密閉します。

配管や継手のおねじに適量(2~3周)を巻き付け、めねじにかみ合わせます。

PTFE(テフロン)製で耐熱性・耐薬品性に優れているので、内容物に関わらず使用できます。

 

■ワード

 ねじ込み継手とは

■技術コラム

■製品

 

 

ジャケットとは

 

容器や配管の外側に付く槽。

この部分に水・蒸気・断熱材などを入れることで内容物の冷却(保冷)・加温(保温)ができます。

湯せんのようなイメージです。

多くの場合、内容物の温度を均一にするため撹拌をしながら温度を調整します。

 

内容物を温めることで撹拌時に粉体などを溶けやすくしたり、

粘度を下げて撹拌しやすく・流れやすくすることができます。

 

弊社容器によく使用されるジャケット槽の中身にはそれぞれ下記のような特徴があり、

目的に合わせて選定します。

■水

・~80度程度の冷却(保冷)・加温(保温)に最適。

・温調装置を使用して細かい温度調整が可能。

・水を循環するための設備・配管が必要。(例:ステンレス容器の撹拌・温調ユニット

※温調装置の仕様によってはジャケット部に圧力がかかり、容器が破損するので注意が必要です。

 

■蒸気

・100度を超える高温での加温(保温)に最適。

・水に比べ温度上昇が早い。

・蒸気を供給するための設備・配管が必要。

・温度調整が困難。

※ジャケット部分を耐圧構造にする必要があります。

 

■断熱材

・保温・保冷のみ。

・火傷や結露の防止になる。

 

 

 

食品衛生法とは

飲食物が原因で発生する、衛生上の危害を防止するための法律。

食品については、この法律で定められた基準をクリアしていないと販売ができません。

食品のほか、口に入ることがある食器や乳幼児のおもちゃなども対象になります。

弊社では主に密閉容器に付属するパッキンが対象となり、弊社のシリコンパッキンは適合品です。

 密閉容器とは

 

■ワード

 HACCPとは

■技術コラム

【Q&A】⑤食品衛生法に適合していますか?

■製品

食品衛生法適合 標準パッキン

【PQA】A型シリコンパッキン

【PQA-RE/PQA-BL/PQA-GR】A型カラーシリコンパッキン

【PQB】B型シリコンパッキン

【PQL】L型シリコンパッキン

※都度注文の特注品については適宜確認・証明書類を発行いたします。

 

 

ステンレスとは

主成分の鉄に、10.5%以上のクロムを含ませた鉄の合金。

ステンレスの表面を保護する不動態皮膜により錆びにくい特性を持ち、一般的にはキッチンのシンクや食器など・

製造業では食品工場や医薬品工場などの衛生グレードが高い場所でよく使用されます。

メーカー独自開発品を含めると200以上の種類があり、

磁性の有無・加工のしやすさ・耐食性など用途に合った特徴を持つステンレスを選択する必要があります。

また、ステンレスの種類を示すのにSUS(Stainless Used Steel・サス)という材料記号を使用します。

 

弊社の容器は主に耐食性に優れたオーステナイト系SUS304またはSUS316Lを使用しています。

ステンレスは腐食に強い鋼材ですが、塩分や有機溶剤など内容物によっては錆が発生することがあります。

錆びにくくするために、電解研磨・フッ素樹脂コーティングなどの表面処理を施すことができます。

 コーティングとは  電解研磨とは

 

■ワード

■技術コラム

■製品

 

 

全周溶接とは

溶接箇所の接合部周りすべてを溶接する・隙間が生じている部分を溶接でふさぐ方法。

特に容器カール部のすき間を埋める全周溶接をカールシールといいます。

 カールシールとは  カールとは

カール部以外には、取っ手・袴などに全周溶接を施すことがあります。

 

全周溶接の目的は大きく

①サニタリー性の向上…溶接部のすき間からゴミや水分などの異物が入り込むのを防ぐ

 サニタリーとは

②強度の向上

の2つがあります。

 

 

ソケットとは

管の内側(穴の部分)をねじ切りした、配管同士を直線でつなぐ継手(雌ねじ※①の一種)。

雄ねじ※②にあたるニップルと組み合わせて使用されます。

 継手とは  ねじ込み継手とは  ニップルとは

 

ヘルールなど他の継手に比べ、

・コストが低い。

・がっちり固定ができる。

・別途接続部品が不要。

といった点が特長です。

 ヘルール継手とは

また、取り外しに時間がかかること・配管に凹凸が多い点から頻繁に取り外して洗浄する配管には不向きです。

サイズ規格は各製品ページをご覧ください。

 

※ねじは大きく

①雌ねじ(めねじ) 管の内側(穴の部分)にねじが切られている。

②雄ねじ(おねじ) 管の外側にねじが切られている に分類されます。

 

■ワード

 シールテープとは  ねじ込み継手とは

■技術コラム

容器と設備をつなぐ陰の立役者!各継手の特長をご紹介 工具不要で洗いやすい!容器や配管に欠かせないヘルール継手

■製品

ニップル

ソケット

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP