日東金属工業株式会社 > もっと撹拌効率を上げたいときは?

もっと撹拌効率を上げたいときは?

内容液に合った仕様の撹拌機を選定すること以外にも、撹拌効率を上げるための方法が3つあります。

高粘度液は温めて粘度を下げる!

粘度の高い内容液の撹拌は、なかなか混ざらずにムラができてしまいがちです。また、撹拌機もパワーがあるものを選定しなければなりません。
内容液の加温が可能な場合は、ヒーターなどで温めて粘度を下げた状態で撹拌すると、ムラなくスムーズに撹拌できます。

内容液を温める方法

  • ジャケット容器(2層式の容器)を使用し、外層に温水を流して内容液を温める。
  • 内容液に直接ヒーターを入れて温める。
  • 容器にラバーヒーターなどを巻き付ける。

温めながら撹拌できる「ヒーターユニット」がおすすめです。

ヒーターユニットとは?

  • ジャケット部にヒーターが内蔵されている
  • 撹拌機が取り付けでき、均一に昇温できる

ヒーターユニットの詳細を見る

「バッフル」で液流を変化させる!

バッフルは邪魔板とも呼ばれる、容器内に入れる板のことです。弊社では、取り付け・取り外しが簡単なヘルール式のバッフルを製作しています。

バッフルを設置していないと…

障害物が無いため液が回っているだけの状態(共回り)になり、上下の液流が生まれにくくなっています。

バッフルを設置すると…

撹拌機による液流がバッフル板に当たることで乱流となり、撹拌効率が向上します。

【液流比較動画】違いが一目でわかる!ヘルールバッフルの効果とは?

ヘルールバッフルの詳細を見る

撹拌に適した容器を使う!

撹拌しやすい容器を使用することも、スムーズな撹拌には大切です。

角がない容器

角がある容器は、溶け残りなどが溜まりやすく撹拌ムラの原因になります。

デッドスペースがない容器

撹拌しにくいスペースを極力無くした容器を選定します。

液温調節できる容器

内容液を昇温させることで、粘度を下げたり材料を溶解することができ、撹拌時間の削減になります。

撹拌機を取り付けできる容器

撹拌機を持つことなく作業でき、作業効率の向上、作業者の負担軽減になります。

撹拌性に優れた、カクハン機座付鏡板型ジャケット容器がおすすめです。

カクハン機座付鏡板型ジャケット容器とは?

  • 丸型容器
  • デッドスペースの少ないタンク底バルブを採用
  • 保温、冷却に使えるジャケット付き
  • 撹拌機が取り付けできる

カクハン機座付鏡板型ジャケット容器の詳細を見る

撹拌についてもっと詳しく知りたい方へ(無料送付)

撹拌翼も穴もないのに撹拌力が強い「ベルヌーイ流撹拌体BEAG E型」を搭載した撹拌機の特長についてと、撹拌翼の種類と違いや、撹拌機に関するよくある質問についてまとめています。
撹拌容器や撹拌機をご検討中の方はぜひご一読ください。

送付を申し込む(無料) 

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP