日東金属工業株式会社 > 技術コラム > 圧力容器って何に使うの?

圧力容器って何に使うの?

2019.10.1

弊社では常圧用のステンレス容器の他に、工場や研究室で使われている主に1L~200L程度の小容量の圧力容器を製作しています。

いわゆる「工業用の圧力容器」なので、普段の生活ではほとんど目にする機会がなく、製品を見ただけでは何に使うものなのか分かりにくい製品だと思います。

そこでこのコラムでは、圧力容器が具体的にどのような目的で使われる製品なのか、今までに製作した製品事例をもとに説明します。

なお、圧力容器の基本的なお話については下記をご覧ください。

 

貯蔵 / 圧送に使う

液体原料の貯蔵と圧送

薬品メーカー様採用  容量:35L

液体原料を一時貯蔵し、必要な時に圧送を行うための圧力容器です。

下部に排出口があるため、最後までスムーズに液送できます。

蓋を開けた時の安定性を重視した仕様になっています。

試薬の保管と圧送

製薬メーカー様採用  容量:0.1L

試薬の保管と圧送を行うための圧力容器です。

キャップに移送用のパイプが付いています。

転倒を防ぐため、底を大きくし重くしています。

SUS316L製、内面電解研磨の高グレード仕様です。

餃子の餡の圧送

食品メーカー様との圧送実験

餃子の餡を圧送する容器の製作依頼を頂きました。

製作前に弊社のデモ機を使用して圧送実験を行いました。

撹拌 / 混合 / 溶解(+圧送)に使う

外気に触れさせたくない薬液を投入・撹拌・脱泡後に圧送

化学繊維メーカー様採用  容量:45L

薬液を外気に触れさせずに撹拌・脱泡・圧送するための圧力容器です。

密閉状態で撹拌できる撹拌機を組み合わせています。

圧送先の機器まで移動するため、専用台車がセットになっています。

接液部SUS316L、内面電解研磨の高グレード仕様です。

薬液を撹拌・混合後に圧送

衛生関連医薬製造メーカー様採用  容量:200L

規定量の薬液を下部撹拌機で撹拌し圧送するための圧力容器です。

下部撹拌機は、少ない液量での撹拌や沈降防止に適しています。

SUS316L製、内面電解研磨の高グレード仕様です。

液体に粉体材料を投入、加温・溶解・脱泡後に圧送

製薬メーカー様採用  容量:30L

液体と粉体を溶解・脱泡し、他の機器に圧送するための圧力容器です。

ジャケット容器/撹拌機/恒温水循環装置/真空ポンプ/バルブ等を組み合わせた複合製品です。

撹拌機は容器の上部と下部に取り付けています。

SUS316L製、内面電解研磨の高グレード仕様です。

材料を温調しながら攪拌・混合し、底から排出

材料メーカー様採用  容量:15L

一定温度内にて材料を撹拌するための圧力容器です。

容器は低圧による加圧、減圧ができます。

加温や冷却ができるジャケット付きです。

下部に排出口があるため、最後までスムーズに排出できます。

コンタミを嫌う材料を加温しながら撹拌・溶解

化学薬品製造メーカー様採用  容量:300L

材料を加温・撹拌・溶解するための圧力容器です。

保温と火傷防止のために断熱材を巻きつけています。

溶解状態を確認できるように、LEDライトとのぞき窓が付いています。

SUS316L製、内面電解研磨+不動態化処理の高グレード仕様です。

原料を冷却しながら撹拌

製薬メーカー様採用  容量:60L

製剤の原料を冷却しながら混ぜ合わせるための圧力容器です。

密閉状態で撹拌できる撹拌機と冷却用コイルが付いています。

蓋や容器はリフターで持ち上げられる仕様になっています。

SUS316L製、内面電解研磨の高グレード仕様です。

ろ過 / 充填に使う

内容物を加圧ろ過し、充填(圧送)

製薬メーカー様採用  容量:約39L

原薬の製造時に使用し、加圧ろ過した内容物を受けタンクへ充填するための圧力容器です。

リフターで受けタンクとの高低差を出し、充填時間を短縮します。

SUS316L製、内面電解研磨の高グレード仕様です。

原料の吸引ろ過

エレクトロケミカル材料メーカー様採用  容量:50L

ロートから吸引ろ過(減圧ろ過)するための圧力容器です。

蓋にビフネルロート、容器に加減圧口が付いています。

容器には内容量を確認できるレベル計がいています。

ろ過用フィルターのケース

製薬メーカー様採用  容量:約5L / 10L

薬液の不純物を濾すフィルターを入れて使用する圧力容器です。

注射剤製造工程の中間容器として使用します。

容器内の状態が確認できるように、のぞき窓が付いています。

SUS316L製、内面電解研磨の高グレード仕様です。

コールドトラップ

総合ケミカルメーカー様採用  容量:0.5L

ガス内の不純物や溶剤を取り除くための圧力容器です。

ジャケット部に入れた冷却液にて、内槽にある仕切り板と内槽の外面を冷却し、内槽に流入させたガスに含まれている不純物や溶剤を吸着します。

その他の使われ方

液体に酸素を溶け込ませる

大学研究室様採用  容量:5L

余分な空気を排気した容器内に酸素を送り込み、液体内に酸素を拡散させるための圧力容器です。

リークバルブ付きで、過多な内圧がかからないよう調整できます。

底面に排出口がありスムーズに排出できます。

高温の薬液を噴霧する

化学薬品メーカー様採用  容量:3.5L

高温の薬液に圧力をかけ、噴霧させるための圧力容器です。

噴霧量はアクチュエーター(電動弁)により調整します。

まとめ

圧力容器は以下のような目的で使われることが多い

他の容器や装置に内容物を送る / コンタミ防止 / 外気に触れさせない / 密閉したまま撹拌する / 脱泡する / ろ過する(加圧ろ過、吸引ろ過) / 充填する

圧力容器の貸し出しやデモを行っています。

日東金属工業では購入前に仕様を確認していただけるように、圧力容器のデモ機の貸し出しやデモを実施しています。お気軽にご相談ください。

 
 

あわせて読みたい記事

   

圧力容器のご相談・お問い合わせフォーム

会社名*必須

部署

お名前*必須

メールアドレス*必須

TEL*必須

製品名

図面等のデータ添付

××

お問い合わせ内容*必須

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP