日東金属工業株式会社 > 技術コラム > 食品・薬品に欠かせない!粉体混合機のまとめ

食品・薬品に欠かせない!粉体混合機のまとめ

2016.10.6

powder_mix-12

食品や薬品の生産工程では欠かせない、粉体混合機。
粉の撹拌は、液体のそれのように攪拌機を用意すればすぐにできるというものではありません。
粉は流動的に動かないため、ムラなく混合するためには専用の機械が必要です。
(粉の流動性についてはこちらのコラムをご覧ください。)

今回は数ある粉体混合機の中から一般的なものをいくつかご紹介いたします。

この記事の内容

  • 粉の撹拌は単に撹拌機を用意すればよいのではなく、専用の機械が必要
  • 粉体混合機は「容器回転型」と「攪拌型」の2種類に分けられ、それぞれ特徴がある
  • 混ぜる原料やその比率、重量に応じて最適な混合機を選定しよう

粉体混合機の形は大きく二つに分けられます

容器回転型

  • 容器自体を回転させることで、中に入れた粉体を混合する。
  • 粉全体を混合し、デッドスペースが生じない。
  • こわれやすい粉体の混合に最適。

撹拌型

  • 容器内の撹拌羽根が回転することで粉体を混合する。
  • 設置スペースが小さく、かつ操作が簡単。
  • 回転体が容器で覆われているため、安全。

主な混合機の紹介

①W型混合機

powder_mix-2

  • 二つの円錐を合わせたような形の容器を回転させることで粉体を混合する。
  • こわれやすい粉体の混合に最適で、食品や医薬品の生産によく使われている。
  • 構造がシンプルなので、洗浄が簡単でコンタミを防ぐことができる。
  • V型よりも混合に時間がかかるが、精度の高い混合が可能。

②V型混合機

powder_mix-1

  • V字型の容器を回転させることで粉体を混合する。
  • こわれやすい粉体の混合に最適で、食品や医薬品の生産によく使われている。
  • 構造がシンプルなので、洗浄が簡単でコンタミを防ぐことができる。
  • W型に比べ、短い時間で粉体混合が可能。

③ドラム型混合機

powder_mix-4

  • 粉粒体が入った密閉容器をそのままセットし、回転させることで混合する。
  • 密閉容器内で混合するため、異物混入の心配がない。
  • 粉の粒子をこわさず、混合が可能。

④リボン混合機

powder_mix-6

  • 撹拌型の混合機では基本的なタイプ。
  • リボン状の羽が容器内で回転し、粉体を混合する。
  • 設置スペースが小さいにも関わらず、処理量が大きく、かつ短時間で混合が可能。
  • 混合しながら、液体などの投入が可能。

⑤円錐スクリュー型

powder_mix-3

  • 円錐型の容器に対して、垂直にスクリューが設置されている。
  • 撹拌軸を回転させながら、スクリュー自体も容器内を回転移動することでムラのない混合を行う。
  • 少ない動きでムラなく混合ができるので内容物の損傷を抑えることができる。

粉に合わせて選ぶ混合機

今回は数ある粉体混合機の中から、一例を紹介しました。
混合機は、混ぜる原料の比率や重量などによって得意、不得意があります。
混合する対象をよく見極めて混合機の選定を行いましょう。

<情報提供 株式会社エイシン>

粉体を扱う現場で活躍するステンレス製品

日東金属工業では、ステンレスホッパーや粉体を回収するステンレス容器など、お客様のご希望にあわせてオーダーメイドで製作いたします。
「装置に組み込みたい」「小容量のものが欲しい」など、お気軽にお問い合わせください。

製品について相談する

原料投入で活躍します

偏心投入ホッパー

詳しい製品情報を見る

粉体投入時の粉の舞い上がり対策に

詳しい製品情報を見る

接続形状が選べる粉体回収容器

FK-CTH-RP製品画像

詳しい製品情報を見る

 

表面処理によるすべり性の違いを試してみませんか?

粉の流動性を左右する粉体の性質は様々なものがあり、ホッパーの仕様を決定するのに考慮すべきことは多岐にわたります。
悩んだ時には、下記のような簡単な実験装置を使用して手軽にホッパー角度や表面処理を検討することも可能です。

すべり性実験台

■傾斜部分に原材料を流し、ホッパーの状況を再現します。
■傾斜部分に使用する板は7種類 表面処理の比較検討が可能です。
■角度は30~85度の任意の角度に設定できます。

すべり性実験台の貸出を申し込む 

あわせて読みたい記事

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP