日東金属工業株式会社 > 技術コラム > ステンレスタンク周辺でできる 作業者にやさしい暴露対策

ステンレスタンク周辺でできる 作業者にやさしい暴露対策

2022.12.5

粉体材料や有機溶剤などを扱う場所では、それらを吸い込むこと(暴露)で健康に影響が出ることを防ぐために、暴露対策が必要になります。作業者側での対策もありますが、いかに設備側で作業者への暴露の要因を抑制できるかが重要です。

このコラムでは粉体の取り扱い時をメインに、当社がステンレスタンク周辺でご提案できる暴露対策をご紹介します。

投入するときは「舞い上がり」を抑える

半分だけ開く蓋を使う

半割蓋分割蓋を使用して、投入口以外は蓋しておけるようにします。
蓋をすべて外さないようにすることで、粉の舞い上がりを抑えます。

集塵フードと局所排気装置を使う

タンクに集塵フードと局所排気装置(集塵機など)を組み合わせることで、舞い上がる粉を捕集できます。

集塵フードの詳細を見る

集塵フード一体型のタンクと局所排気装置を使う

集塵フードが付いたタンクを使うことで、より効率的に粉じん対策ができます。

集塵フード付きタンクの詳細を見る

有機溶剤による部品洗浄に対応できるように、カスタマイズした事例もあります。

有機溶剤に対応した事例を見る

吸引ノズル+バキュームシステムを使う

吸引ノズルとバキュームシステム(空気輸送機)を使えば、粉の舞い上がりや材料のロスを抑えて投入できます。材料を持ち上げて投入しないため、作業者の負担を減らすこともできます。

吸引ノズルの詳細を見る

取り出すときは「漏れ」を抑える

フレキシブルジョイントor布製のシュートを使う

排出口と受けタンクをフレキシブルジョイントや布製のシュートなどで接続すると、粉漏れすることなく取り出せます。

フレキシブルジョイントの詳細を見る

粉体回収容器を使う

受けタンクが設備に直接接続できる仕様であれば、粉を漏らさずに取り出せます。例えばフランジ配管に接続できるタイプや、ヘルール配管に接続できるタイプがあります。

粉体回収容器の詳細を見る

混ぜるときは「飛散」を抑える

密閉したまま混合する

容器回転式の混合機なら、粉体が飛散することなくしっかり混合できます。さらに容器脱着式であれば、移し替えや投入による暴露リスクも抑えられます。

ロータリードラムミキサーの詳細を見る

運搬するときは「密閉」する

密閉タイプのステンレスタンクを使う

当社製品の場合、タンクに付いたキャッチクリップを蓋に引っ掛けて密閉するクリップタイプと、タンクと蓋の全周をレバーバンドで締めて密閉するバンドタイプがあります。
クリップタイプは開閉が簡単におこなえるのが特長で、バンドタイプは施錠や封印などをおこなえる特長があります。

暴露対策はコンタミネーション対策にもつながる

粉体材料を扱う場合、設備側で暴露対策をすることで、粉じんの飛散を抑えることができます。
粉じんの飛散はコンタミネーション(異物混入や汚染)の原因にもなるため、暴露対策はコンタミネーションのリスクを抑えることにもつながります。

粉体や溶剤などの暴露対策が必要な材料は、様々な産業で使われています。ステンレスタンクやその周辺での対応が必要になった際には、タンクメーカーである日東金属工業へ気軽にお問い合わせください。日東金属工業では業界を問わず、お客様にあわせた暴露対策やコンタミ対策をご提案いたします。

お問い合わせフォームへ進む

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP