日東金属工業株式会社 > 技術コラム > 技術コラム > 手作業を減らそう!省力化で作業効率を上げるステンレス製品

手作業を減らそう!省力化で作業効率を上げるステンレス製品

2020.9.8

「製造業の省力化」というと、手作業から自動化への移行を思い浮かべる方が多いかもしれません。
手作業を機械に置き換え、手作業をなくすのが自動化ですが、多品種少量生産や試作開発などの小規模生産となると、機械への置き換えが現実的ではない工程も多いと思います。

自動化できない工程においても、まずおこないたいのが、手作業を減らす省力化(省人化)です。
省力化は、機械などを導入して手作業を減らしたり作業の合理化をおこなって労力を省いていく取り組みで、作業効率の向上やコストダウンには欠かせません。
省力化の方法は多岐にわたりますが、このコラムではステンレス製品に関係する3つの省力化についてご紹介します。

1. 大型で重い容器を持たずに洗う

大型容器、重い容器は洗いにくい

径の大きな容器や重い容器の洗浄工程は、作業者の負担が大きい工程です。
複数人で作業する場合はその分工数がかかってしまいます。

このような場合には、反転機能を付けたステンレス容器のご使用がおすすめです。

  • 洗浄時に容器を持つ必要がなくなり、洗浄時間の短縮になる。
  • 1人で作業できる。

取り付けた撹拌機が重い

撹拌機(攪拌機/かくはん機)を取り付けたステンレス容器の場合、容器の洗浄時に撹拌機を取り外します。
大型容器に取り付ける撹拌機の場合は重量のあるものや高い位置に取り付けているものが多く着脱作業は慎重におこなう必要があります。
そのため着脱に時間がかかったり複数人での作業となってしまい工数がかかってしまいます。

このような場合には、撹拌機の昇降機能を付けたステンレス容器や、撹拌機用リフターがおすすめです。

  • 容器からの着脱が不要で容器が洗いやすくなる。
  • 撹拌機の昇降が安全かつ1人でおこなうことができる。

2. 溶解・撹拌作業の時間を短縮する

粘度のある液体の撹拌に時間がかかっている

粘度のある液体は撹拌しにくく工数がかかるだけでなく、混ぜきれなかった部分はロスとなってしまいます。

加温が可能な内容液の場合には、ジャケット付きのステンレス容器がおすすめです

  • 加温することで粘度が下がり撹拌しやすくなる。
  • 撹拌時間が短縮できる。
  • 撹拌不足によるロスが減る。

液が焦げやすい

液を温めたい場合に手軽なのが直火での加温ですが、火加減の調節や焦げないようにかき混ぜるなどの手作業が必要になります。
特に粘度が高い液や焦げやすい成分の液の場合は、焦げないようにこまめに確認しなければいけません。

このような場合には、ヒーター付きのステンレス容器やジャケットカクハン機取付座が付いたステンレス容器がおすすめです。

  • 温度調節しやすい。
  • ジャケットの場合、湯煎のようにやさしく加温でき焦げない。
  • 加温時に撹拌機を併用すれば、内容液を均一に撹拌できる。

溶解と撹拌の工程が分かれている

溶解と撹拌の作業工程が分かれていると、移し替えでロスが発生したり、異物混入なども起こりやすくなります。
また、手作業でかき混ぜたり、ミキサー等を持ちながらの撹拌は作業者に負担がかかってしまいます。

このような場合には、ジャケットカクハン機取付座が付いたステンレス容器がおすすめです。

  • 内容液を加温しながら均一に撹拌することができる。
  • 溶解と撹拌の工程が1つになることで移し替えがなくなり、ロスが減る。
  • 撹拌時に撹拌機を持たなくてよい。
  • 撹拌している間に別の作業をおこなうことができる。

3. 手作業での液の移し替えをやめる

液の移し替え作業を手作業でおこなっている

撹拌などを経てできあがった液を別の容器や装置へ手作業で移すとロスが発生しやすく労力もかかります。
また、異物混入などのリスクも高まります。

このような場合には、ポンプ付きのステンレス容器や圧送ユニット付きの圧力容器がおすすめです。

  • 容器から装置へ内容液を直接送ることができる。
  • (圧送の場合)ポンプ不要で内容液を取り出せる。

撹拌後の工程が別のエリアにある

液体の撹拌後、移し替えたい容器や装置が離れたエリアにある場合、液が入った重い容器を持ち運ぶのは重労働です。

このような場合には、キャスターカクハン機取付座がついたステンレス容器がおすすめです。

  • 重い容器を持たずに運べる。
  • 撹拌機を取り外さずに移動できる。

【PDF資料無料プレゼント】省力化で作業効率を上げるステンレス製品

下記フォームに必要項目を入力・送信していただくと、このコラムでご紹介した3つの製品のカタログをまとめたPDF資料をダウンロードできます。

なお、このページには掲載していないオーダーメイド事例のご紹介もあります。PDFですので、そのまま社内の回覧にご活用ください。

資料をご請求いただき、ありがとうございます。

資料は下記ボタン、もしくはメールからPDF形式でダウンロードいただけます。

会社名 *必須
お名前 *必須
メールアドレス *必須
抱えているお悩み、ご検討中の製品、ご相談したいことなど(任意)
上記に対して、弊社からの回答や製品のご提案をご希望でしたらチェックを入れてください(任意)
営業からの連絡を希望する

 

プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信してください。

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP