日東金属工業株式会社 > 技術コラム > ステンレス容器の「見える化」に欠かせないガラス

ステンレス容器の「見える化」に欠かせないガラス

2018.4.4

ステンレス容器にガラス製品を組み合わせることによって、ステンレス容器のデメリットを解消し、より快適に使えるようになります。
今回はガラスの種類についてと、ステンレス容器との関係性について簡単にご紹介します。

 

そもそもガラスとは…

ガラスは、ソーダ灰やケイ酸などを高温で溶かした後に冷却することで作られる、透明な物質です。
硬い、汚れが落としやすい、薬品に強い、など様々な特長があります。
日常生活・産業分野ともに広く使われています。

ガラスは3種類だけで95%を占めている

一般的に使われているガラスは主に、ソーダ石灰ガラス、鉛ガラス、ほうけい酸ガラスの3種類に分けられます。
この3種類だけで全ガラスの95%程度を占めています。

ソーダ石灰ガラス

最も一般的なガラスです。
窓ガラスやガラス瓶などに使われています。

主な原料:ケイ酸、ソーダ灰、石灰

鉛ガラス(クリスタルガラス)

屈折率が大きく、カット模様を付けると輝きます。
食器や装飾品などに使われています。

主な原料:ケイ酸、炭酸カリウム、酸化鉛

ほうけい酸ガラス(耐熱ガラス)

熱膨張率が小さく、急な温度変化に耐えられます。
耐薬品性にも優れており、実験器具や薬瓶などに使われています。

主な原料:ケイ酸、ホウ酸、ソーダ灰

その他のガラス(特殊ガラス)

ガラスは上記3つ以外にもたくさんの種類があり、特殊ガラスなどとも呼ばれます。
しかし個々の生産数は少なく、全ガラスの5%程度にしかなりません。

合成石英ガラス

ほぼ100%石英でできており、透明度が高く、耐食性、耐熱性に優れています。
半導体分野や光学機器などで使われています。

合わせガラス

2枚以上のガラスを樹脂製の膜で貼り合わせたガラスです。
割れても破片が飛び散らないので、防犯・防災用途などで使われています。

 

この他、複層ガラス/結晶化ガラス/有機ガラス/低融点ガラスなど、多様な用途に応じたガラスが作られています。

ガラスとステンレス容器の関係

ステンレス容器は頑丈で壊れにくいのですが、透明ではないため内部を見ることができません。
ステンレス容器のデメリットである「内部の様子を確認できない」は、ガラス製品を組み合わせることで解消できます。
※通常弊社で使用しているガラスは耐熱強化ガラスで、特殊ガラスに当てはまります。成分的には「ほうけい酸ガラス」の一種になります。

ステンレス容器と組み合わせて使うガラス製品の例

のぞき窓

この製品の詳細を見る

ステンレス容器の内部の監視・確認用として、窓にガラスを使用したステンレス製のぞき窓があります。
のぞき窓をステンレス容器の蓋に設置することで、蓋を開けることなく内部を確認できるようになります。
のぞき窓には、様々な種類があります。選定についてはこちらのコラムをご覧ください。

ガラスの使用がNG / ガラスの割れ・飛散が怖いときは…

ガラスではなく透明樹脂を組み合わせて使うこともできます。内容物に応じて材質を選定する必要があります。

透明アクリル蓋

詳細を見る

アクリル窓付きの蓋

詳細を見る

 

その他特注対応にて、ポリカーボネート、塩ビ、PET樹脂などの実績もありますので、ガラスの使用が難しい場合はご検討ください。

 

お気軽にご相談ください!

日東金属工業では、1品からのオーダーメイド製作を承っております。「使いにくい」「ちょうどよいサイズがない」などのお悩み、製作可否などお気軽にご相談ください。

製品について相談する 

あわせて読みたい記事・関連製品

ステンレス容器でも内容物の残量を簡単に確認したい

製品についてのご相談/お問い合わせ

製品の仕様やオーダーメイドについてなど、なんでもご相談ください。

会社名*必須

業種*必須

部署

お名前*必須

メールアドレス*必須

TEL*必須

お問い合わせ内容

製品名

お問い合わせ項目
(複数選択可)

Web会議を希望されますか?

ご希望のweb会議サービスがあればご記入ください。可能な限り対応いたします。

図面等のデータ添付

××

お問い合わせ内容*必須

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP