日東金属工業株式会社 > 技術コラム > 継手が合わない!を解消する助っ人「ジョイント継手」とは?

継手が合わない!を解消する助っ人「ジョイント継手」とは?

2017.2.8

容器と配管や部品を接続しようとしたら、お互いの継手の種類やサイズが異なっていた!という経験のある方もいらっしゃるかもしれません。
継手の種類やサイズが違って接続できない時には、異なる継手同士を繋ぐ「ジョイント継手」を使用します。

ここではステンレス製(SUS304・SUS316Lなど)のヘルールニップルソケット継手などをご紹介します。

ヘルールと他の継手を接続したい

ヘルールとソケットを接続したい

ヘルール、ソケットそれぞれのサイズに合わせた、ニップル型のヘルールジョイントを使用します。

ニップル型ジョイント【NJ】

製品の詳細を見る

ヘルールとニップルを接続したい

ヘルール、ニップルそれぞれのサイズに合わせた、ソケット型のヘルールジョイントを使用します。

ソケット型ジョイント【SJ】

製品の詳細を見る

ヘルールとフランジを接続したい

ヘルール、フランジそれぞれのサイズに合わせた、フランジ型のヘルールジョイントを使用します。

フランジ型ジョイント【FJ】

ヘルールとホースを接続したい

ヘルール、ホースそれぞれのサイズに合わせた、ホース口型のヘルールジョイントを使用します。

ホース口【14MDHR】

製品の詳細を見る

ヘルールとチューブ(管)を接続したい

ヘルールとチューブを接続する際には、くい込み継手(ユニオン継手)が付いたヘルールジョイントを使用します。

くい込み型ジョイント

同じ継手同士を接続したい

ヘルール同士を接続したい

両ヘルール
両ヘルール付きパイプ

配管を延長させたいときなどに使用する中間継手です。

ヘルールレデューサー

異なるサイズや異なる規格のへルールを接続する際に使用します。異径ヘルールとも呼びます。

ソケット同士を接続したい

ソケット同士の接続にはニップルが必要となります。

両ニップル

ソケット同士を接続する際に使用します。

ニップルレデューサー

異なるサイズのソケットを接続する際に使用します。異径ニップル、径違いニップルとも呼びます。

ニップル同士を接続したい

ニップル同士の接続にはソケットが必要となります。

両ソケット

ニップル同士を接続する際に使用します。

ソケットレジューサー

異なるサイズのニップルを接続する際に使用します。異径ソケット、径違いソケットとも呼びます。

配管の方向を変えたい

配管の向きを変えたい場合には、エルボと呼ばれるL字形状の継手を使用します。

ねじ込みエルボ
ストリートエルボ

配管を分岐させたい

配管を2方向へ分岐させたい場合には、チーズと呼ばれるT字またはY字形状の継手を使用します。

ヘルールチーズ

関連製品

 

 

配管用継手についてもっと詳しく知りたい方へ

今さら聞けない「継手の基本」から、各継手の取り付け事例まで詳しく解説した日東金属工業オリジナルの選定ガイドです。ヘルール継手をはじめとする、ステンレス容器でよく使われる継手についてまとめています。

送付を申し込む(無料)

お気軽にご相談ください!

日東金属工業では、1品からのオーダーメイド製作を承っております。「使いにくい」「ちょうどよいサイズがない」などのお悩み、製作可否などお気軽にご相談ください。

製品について相談する

あわせて読みたい記事

容器と設備をつなぐ陰の立役者!各継手の特長をご紹介

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP