日東金属工業株式会社 > 技術コラム > ステンレス容器の実験事例:餃子の餡の圧送

ステンレス容器の実験事例:餃子の餡の圧送

2018.3.8

日東金属工業株式会社ではデモ機の貸出を行っております。
今回は食品ユーザー様から餃子の餡を圧送する容器の製作依頼を頂き、弊社のデモ機を使用して、餡の圧送実験を行うことになりました。
その一部を公開いたします。

ステンレス容器の実験事例:餃子の餡の圧送

餃子の餡を空気で圧送します

今回は圧力容器「PCN-O-J-L-30」を使用しました。

粘り気が強い餃子の餡をしっかり圧送できるか実験します。

初めは勢いよく餃子の餡を排出できていましたが、

すぐに餡が出なくなってしまいました。

蓋を開けてみると、餡の中央に大きな穴が開いています。
ラットホールが発生し、空気が抜けてしまったようです。

そこで対策として、落し蓋を用意しました。

容器径と同じサイズの落し蓋を設置すれば、空気の抜けを防ぐことができるはずです。

結果は、無事にほとんどの餡を排出することができました。

容器内にもほとんど餡が残っていません。

先ほどの実験と比べると差は歴然です。
デモ実験によって、容器には落し蓋を設置することが決まりました。

 

 

デモ機の貸出、デモ実験承ります!

日東金属工業では、ステンレス容器をご検討中の方向けにデモ機の貸し出しや、製品を利用したデモ実験を行っております。
原料や材料との相性、製品の使用感を確認したい場合には、お気軽にご相談ください。

購入前デモ・貸出サービスの詳細はこちら

あわせて読みたい記事

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP