日東金属工業株式会社 > 技術コラム > 技術コラム > 工場の自動化に欠かせない ステンレス容器のカスタマイズ

工場の自動化に欠かせない ステンレス容器のカスタマイズ

2022.3.8

近年、医薬品の工場や化粧品の工場などで自動化(ロボット化/ファクトリーオートメーション)の流れが加速しています。弊社でも、自動化された生産ラインでステンレス容器を使用したいお客様から、容器をカスタマイズして製作するオーダーメイドの依頼が増えてきました。

使用する装置や作業内容にあわせてステンレス容器をカスタマイズすることで、装置の性能を十分に発揮できたり、工程の問題を解決したりできます。

このコラムでは、自動化工程へ導入するステンレス容器におすすめのカスタマイズや製品を紹介します。なお、自動化の予定はないが、手作業を減らして省力化(省人化)したい場合には別のコラムをご覧ください。

 

自動化工程でステンレス容器を「扱いやすく」するには?

サイズを合わせる

ワーク許容サイズ、保管スペース、投入量などに合わせたサイズで製作します。弊社では主に、高さ寸法のカスタマイズで対応しています。

> 高さ変更の詳細を見る

容器内径もカスタマイズできますが、基本的には以下のサイズから選ぶようになります。金型製作など費用面を了承いただければ、オリジナル径での製作も可能です。

弊社標準ラインナップの内径(mm)

180/210/240/270/300/330/360/387/430/470/565/635/770/1000

※上記サイズ以外でも対応可能な場合があります。※容器の仕様により、製作可能なサイズが限られていることがあります。

干渉しないようにする

例えば容器に付いている取っ手が干渉するときは、取り付け位置をカスタマイズできます。取っ手自体が不要であれば、「取っ手なし」の選択もできます。

持ちやすく/つかみやすくする 

持ち上げる動作があるとき

「容器を持ち上げて別のパレットに置く」ハンドリング動作があるなら、容器側面にブラケットを取り付けるカスタマイズがおすすめです。ブラケットはロボットの仕様に合わせて設計できるため、しっかり持つことができます。

干渉などの問題がなければ、人が扱うための取っ手とロボット用のブラケットを両方取り付けることもできます。※通常の容器にある取っ手は人の手で扱う前提の設計であり、ロボットやリフターなどでの使用は想定されていません。詳しくはこちら

> ブラケットの詳細を見る

つかむ動作があるとき

「つかんで反転させる」ハンドリング動作があるなら、容器側面にリブを加工するカスタマイズがおすすめです。リブの幅や位置はつかむ側のアームやツメの幅に合わせて加工することで、ズレにくくなりしっかりつかむことができます。リブは容器側面の強度を上げる効果もあります。

> リブ加工の詳細を見る

容器外面にジャケット等を取り付けて、ロボットハンドのチャックなどとサイズを合わせるカスタマイズもできます。

安定性を向上させる

内容物が重いと容器の底が外側へ膨らんでしまい、容器を置くときやコンベアーなどで運搬するときに容器が揺れて不安定になることがあります。このような場合には、底のカスタマイズがおすすめです。例えば容器下部に袴を付けると、底がコンベアーなどに触れなくなり安定性が向上します。

> 袴加工の詳細を見る

底の径に合わせた厚板を底外面に取り付け、底を補強するカスタマイズもできます。底が変形しにくくなり安定性が向上します。補強板を使わず容器自体の板厚を上げて対策することもできます。

> 補強板の詳細を見る
> 板厚変更の詳細を見る

底にエンボス(凹凸)を加工して底の強度を上げるカスタマイズもできます。底の強度が増して膨らみを抑えられるほか、膨らみやすい底の中央部がコンベアーなどに触れなくなり、安定性が向上します。

蓋が簡単に開くようにする

蓋を持ち上げるだけで開く

蓋の開閉がしやすい仕様だと自動化しやすくなります。密閉容器などの蓋を固定する部品があるものではなく、かぶせ蓋タイプの容器をベースにしたカスタマイズがおすすめです。かぶせ蓋は、ロボットに合わせた持ち手やブラケットを取り付けるカスタマイズもできます。

> かぶせ蓋タイプの製品を見る

 

キャップを回すだけで開く

回転する(ひねる)動作が可能であれば、ねじ口の容器がおすすめです。ねじ口は主に小容量のボトルで使われています。かぶせ蓋と比べると密閉性もあります。

> ねじ口の製品を見る

自動化工程でステンレス容器を「洗いやすく」するには?

容器内面の洗浄性を向上させる

直接内容物に触れる容器内面は、汚れが付きにくくなる電解研磨の施工がおすすめです。容器内面を電解研磨することで、表面の残留物を落として表面が滑らかになり、汚れが付きにくくなります。

> 電解研磨の詳細を見る

 

粘性の強い液体を扱う場合は、フッ素樹脂コーティングの施工がおすすめです。ほとんどの物質が固着しない非粘着性、水や油を弾く撥水性などの特長があり、汚れをすぐに落とすことができます。

> フッ素樹脂コーティングの詳細を見る

容器外面の洗浄性を向上させる

容器外面は部品が多く、洗い上がりにムラが生じやすい箇所です。汚れや洗浄液が残留しやすい部分は、洗浄性を考慮したカスタマイズが可能です。弊社ではサニタリー仕様という、洗浄性に優れた仕様をご提案できます。

> サニタリー仕様の製品を見る
> 洗浄時間が短縮できる隙間の無いステンレス容器とは?

例えば容器の端の縁巻き部分は、隙間を完全に塞ぐ「カールシール」というカスタマイズがおすすめです。製品によっては縁巻き自体を無くすこともできます。

取っ手は、取り付け部分を全て溶接できる丸棒取っ手(サニタリー式)がおすすめです。

自動化工程でステンレス容器を「管理しやすく」するには?

レーザーマーキングを追加する

剥がれず洗っても消えない印字方法で、改ざん防止にもなるレーザーマーキングがおすすめです。オリジナルの管理番号やQRコードなどを容器側面や蓋に印字できます。

> マーキングの詳細を見る

シール座を追加する

バーコードラベルなどで管理しラベルの貼り替えがある場合は、ラベルが剥がしやすいシール座の追加がおすすめです。

> シール座付きの製品を見る

カードホルダーを追加する

紙で管理している場合は、水濡れや汚れを防ぐカードホルダーの追加がおすすめです。

> カードホルダー付きの製品を見る

 

 

自動化・ロボット化に対応したステンレス容器を設計・製作できます

ご希望のステンレス容器や使用環境などの詳細をお聞かせください。最適なステンレス容器をご提案します。製作可否や見積など、気軽にお問い合わせください。

 問い合わせフォームへ進む  

このコラムはお客さまのお役に立ちましたか?

よりよいコンテンツをご提供できるよう、このコラムを評価してください。ご協力をお願いいたします。

5 4 3 2 1
<とても役に立った
ふつう
役に立たなかった>

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP