日東金属工業株式会社 > 技術コラム > 技術コラム > ステンレス容器でも内容物の残量を簡単に確認したい!

ステンレス容器でも内容物の残量を簡単に確認したい!

2016.2.1

ステンレス容器は、内容物の残量の確認にひと手間かかってしまうという欠点があります。
なぜなら、ステンレス容器はガラスやプラスチック製の容器とは違って不透明なため、ステンレス容器内に入っている液体などの残量(レベル)をそのままでは確認することができないからです。

しかし、ステンレス容器でも内容物の残量を簡単に確認できる3つの方法があります!

【1】ステンレス容器内の残量を外側から確認する

レベル計【LV】

ステンレス容器の側面に取り付けるPFAチューブ型のレベル計です。

level leveicad

PFAチューブの長さは任意に決められ、PFAチューブに通る内容物から簡単に残量を確認できます。
PFAチューブとステンレス容器との継手はSUS316製です。継手はステンレス容器側のソケットにねじ込んで取り付けするタイプとなります。
レベル計はステンレス加圧容器でも使用出来る耐圧強度(0.4MPa)があります。

詳しい製品情報を見る

レベル計のオーダーメイド事例

lv_op

「カバー付レベル計」

レベル計の保護にステンレス製のカバーを取り付けることもできます。
カバーには目盛りをつけることも可能です。

「洗浄時にレベル計を外して洗いたいのですが…」

ソケットにねじ込んで接続するタイプは取り外しができません。
洗浄時にレベル計をステンレス容器から取り外して洗浄したい場合には、取り外しの出来るソケット型ジョイントを使用したヘルール接続タイプのレベル計を取り付けいたします。
お問い合わせやお見積り時にご要望をお伝えいただければ、内容物に最適なレベル計をご提案いたします。

角フランジのぞき窓【KNM】

ステンレス容器の側面に取り付ける、長方形の角フランジのぞき窓です。耐熱強化ガラスの窓ガラスから内容物の残量を一目で確認できます。

kakumado kakumadocad1

角フランジのぞき窓の可視範囲は、用途や内容物に応じて決めることができます。
フランジやカバー、ネジはSUS304製で、シリコンゴム製のパッキンが付属します。
ネジでの取り付けのため、簡単に分解や洗浄をすることができて取り扱いが簡単です。

詳しい製品情報を見る

角フランジのぞき窓のオーダーメイド事例

角フランジのぞき窓特注イメージ

「目盛り板の取り付け」

ご要望に応じて、角フランジのぞき窓のカバー部に目盛りを付けることや、目盛り板を取り付けることも可能です。

ステンレスホッパーに取り付けできますか?

液体用途のステンレス容器だけではなく、粉体用途のステンレスホッパーなどにも取り付けが可能です。 

【KNM】角フランジのぞき窓

のぞき窓【NMシリーズ】

ステンレス容器の蓋に設置したヘルールに取り付けるサイトグラスです。

蒸気や内容物の飛散で窓が曇っても、視界を確保できるワイパー付き、LEDライト付き、へルールから取り外す際にガラスが脱落しない一体型タイプなど様々な種類があります。
ヘルール接続のため簡単に取り外しでき、分解や洗浄ができます。

詳しい製品情報を見る

のぞき窓のオーダーメイド事例

「赤外窓仕様ののぞき窓」

放射温度計で内部温度測定ができるように窓ガラスを赤外窓仕様にしました。
のぞき窓の標準ガラスは耐熱強化ガラスですが、お客様のご希望や使用状況に合わせてガラス窓の仕様変更が可能です。

【2】ステンレス容器内の残量を内側から確認する

目盛り加工(打刻)

ステンレス容器に目盛りを直接打刻する加工方法です。

目盛付容器(蓋無しイメージ)

外側から内側に向けて打刻しますので、目盛りは消えるということがありません。
目盛りの間隔や数は、内容物や用途などご要望に応じて任意の場所や個数に決めることができます。

詳しい製品情報を見る

 

目盛り加工のオーダーメイド例

目盛イメージ

「10L毎の目盛りを長くする」

目盛りの長さは弊社では25mmが標準ですが、目盛りの長さを長くすることも可能です。

目盛りは何か所から加工できますか?

目盛りは1か所から加工することができます。
ただし目盛りの間隔が狭いなど加工ができない場合もあります。

目盛り加工(内面マーキング)

ステンレス容器の内面にレーザーマーキングにて目盛りを加工する方法です。

memoril
in-marking
マーキングのイメージ

打刻と違い、容器内面がフラットなため粉などが溜まりません。
マーキングはステンレス容器に直接加工するため異物になりません。
目盛りの大きさや数などの仕様は、内容物や用途に応じて任意に決められます。
※写真のタンクはマーキング後電解研磨したものです。

レーザーマーキングとは何ですか?

ステンレス容器のバリデーション管理にも使用される印字方法です。
ステンレスの表面をわずかに削りマーキングするため異物にならず、洗浄しても消えることはありません。

詳しい製品情報を見る

【3】機器を使って確認する

 ステンレス容器自体を加工せずに、内容物の残量を確認する方法です。

レベルセンサー(液面計)と呼ばれる機器を使用します。

例)フロート式液面計、静電容量式液面計、超音波式液面計

レベルセンサーの種類について知る

お気軽にお問い合わせください

オーダーメイドのご相談・製品のお見積もりなど、何でもお気軽にお問い合わせください。

問い合わせする

あわせて読みたい記事

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP