日東金属工業株式会社 > 製品Q&A > その他の容器 > ⑨ビーカーとサニタリービーカーの違いは何でしょうか?

⑨ビーカーとサニタリービーカーの違いは何でしょうか?

材質、ビーカー端部と取っ手の仕様、サニタリー性などが異なります。

ステンレスビーカー(BK)の構造

・端部(縁取り)は折り返しになっています。

・取っ手は板を折り曲げて作っており、スポット溶接(点のように溶接)しています。

・サニタリービーカーに比べて安価です。

・SUS304製です。

> ステンレスビーカーの製品情報を見る

サニタリービーカー(BK-SMA)の構造

・端部(縁取り)に折り返しはありません。

・取っ手は丸棒です。取り付け部分は全周溶接しています。

・ステンレスビーカーに比べて洗浄性が良くサニタリー性に優れています。

・SUS316L製です。

> サニタリービーカーの製品情報を見る

ステンレスビーカー(BK)とサニタリービーカー(BK-SMA)の違い

構造が異なります

どちらもオールステンレス製ですが、ステンレスビーカー(BK)は取っ手の部分や縁取り部分の隙間に異物が溜まりやすい構造です。

異物が取っ手や縁取りの隙間に入り込み、洗浄しても取りきれなかったり、洗浄後の洗浄液や水分が取っ手や縁の部分の隙間に残ってしまう可能性があります。

一方、サニタリービーカー(BK-SMA)は汚れや液が溜まりやすい隙間がない構造ですので、異物が溜まりません。

洗浄すれば、異物はほぼ取り除くことができます。

衛生管理やサニタリー性が求められる場合には、サニタリービーカー(BK-SMA)がおすすめです。

材質が異なります

ステンレスビーカー(BK)はSUS304製、サニタリービーカー(BK-SMA)はSUS316L製です。

SUS316LはSUS304にモリブデンの添加とローカーボン仕様となっており、SUS304に対してさらに耐食性(錆びにくさ)が向上しています。

耐食性や耐薬品性が求められる場合には、サニタリービーカー(BK-SMA)がおすすめです。

液だれ防止に特化したビーカーもあります

液だれ防止ビーカー(BK-SMA-DP)は、サニタリービーカー(BK-SMA)に比べて液だれしにくく、また、持ちやすくなっているビーカーです。

高価な液体やこぼしたくない薬品などを扱う際におすすめです。

> 液だれ防止ビーカーの製品情報を見る

オーダーメイドで製作できます

ビーカー類もステンレス容器同様に取っ手の変更や容量の変更、蓋の作成などのオーダーメイドが可能ですので、お気軽にご相談ください。

> オーダーメイドについて相談する

 

関連コラムを読む

 

お悩みは解決しましたか?

  • 製品に関するお悩みが解決しない場合には、お気軽にお問い合わせください。
  • お問い合わせフォームからは図面等のデータ添付も可能です。
  • 経験豊富な営業担当がお答えします。
お問い合わせの多いご質問について回答しています。
下記内容についてまとめた小冊子もあります。
>>解説書「ステンレス容器のQ&A」はこちら

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

FAXでのお問い合わせ

048-996-8781

24時間受付

PAGE
TOP