日東金属工業株式会社 > 製品Q&A > ステンレス容器の種類 > 貯蔵用のステンレス容器はどのような種類がありますか?

貯蔵用のステンレス容器はどのような種類がありますか?

大きく分けて非密閉容器と密閉容器の2種類があります。

非密閉容器

汎用容器(ST)

角が洗浄しやすいよう湾曲を持った平らな底の容器です。
蓋はかぶせ蓋とも言い、平らな蓋が付いています。
密閉性は無く、外からのゴミやチリの混入を防ぐ程度の蓋です。
蓋には取っ手付きのストック蓋【SF】と、取っ手無しのヒラ蓋【HF】があります。

スタンダートな寸胴ステンレスタンク

密閉容器

キャッチクリップ式密閉容器(CTH)レバーバンド式密閉容器(CTL)

角が洗浄しやすいよう湾曲を持った平らな底の容器です。
パッキンを付け、キャッチクリップやレバーバンドなどで固定し、外からの微細な固形物の進入を防ぐ容器です。
運搬時などでの内容物の飛散を防ぎます。ただし簡易密閉のため、横転時などの衝撃で内容物が漏洩する事もあります。
常圧用ですので加圧や真空にはご使用いただけません。

クリップタイプのステンレスタンクCTL_01

 

関連ページを見る

・おすすめ製品診断

お悩みは解決しましたか?

  • 製品に関するお悩みが解決しない場合には、お気軽にお問い合わせください。
  • お問い合わせフォームからは図面等のデータ添付も可能です。
  • 経験豊富な営業担当がお答えします。
お問い合わせの多い質問についてまとめた小冊子もあります。          
>>小冊子「ステンレス容器のQ&A」ご請求はこちら

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

FAXでのお問い合わせ

048-996-8781

24時間受付

PAGE
TOP