日東金属工業株式会社 > オーダーメイド > その他業界採用事例 > 【加工事例】色で識別できるストック蓋とステンレス柄杓

【加工事例】色で識別できるストック蓋とステンレス柄杓

特長

ストック蓋(SF-24)とステンレス柄杓(HS-0.5×250)に酸化発色加工を施した事例です。
 
〇専用蓋/専用柄杓としての識別管理に。
〇混同防止、コンタミ防止に。
〇エリアごとに色分けしてHACCPなど衛生管理への対応に。
 
酸化発色加工とは
ステンレスの表面にある酸化被膜と光の干渉を利用した発色で、カラーステンレスなどと呼ばれています。
ステンレスの表面にある酸化被膜を厚くすることで発色させているため、発色部分もステンレスそのものです。コーティングや塗装などの着色とは異なり、剝離や異物混入の原因になりません。

製品仕様

材質:SUS304
色:ゴールド・マゼンタ・グリーン
その他の色も対応できます。
 
※施工箇所の材料や表面の状態により発色の具合は異なります。また、見る角度により色の見え方が変わります。

ポイント

お問い合わせ

会社名*必須

業種*必須

部署

お名前*必須

メールアドレス*必須

TEL*必須

お問い合わせ内容

製品名

お問い合わせ項目
(複数選択可)

Web会議を希望されますか?

ご希望のweb会議サービスがあればご記入ください。可能な限り対応いたします。

図面・ポンチ図・イラスト等のデータ添付

××

お問い合わせ内容*必須
お問い合わせのきっかけ
(複数回答可)*必須

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

PAGE
TOP