SDSとは

 
化学物質の危険有害性を記載した書類
 

Safety Data Sheet」の略称で、安全データシートともいいます。

2011年まで国内では「MSDS(Material Safety Data Sheet:化学物質等安全データシート)」と呼ばれていましたが、

現在は国際的に通用するSDSで統一され、内容に違いはありません。

化学品による事故を防止する目的で発行され、

化学物質(またはそれを含むもの)を他の事業者に提供する際には発行が義務付けられています。

内容は、化学製品中に含まれる化学物質の名称や物理化学的性質のほか

危険性・有害性・ばく露した際の応急措置・取扱方法・保管方法・廃棄方法などが記載されています。

 

ステンレス容器自体は化学物質でないのでSDSの発行はいたしませんが、付属するシリコンパッキンのSDSを発行したり

鋼材について化学物質の含有情報を記載した

SSDS(Specified Chemical Substances Data Sheet for Steel)を鋼材メーカー様から発行することがあります。

 

また、危険物容器製作の際には、内容物が危険物に該当するか確認するため必要になります。

 危険物とは



テーマ別に、用語集よりも詳しく解説した技術コラムもございます。
>>ステンレス容器の技術コラムはこちら

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

FAXでのお問い合わせ

048-996-8781

24時間受付

PAGE
TOP