Oリングとは

 
運動部・固定部の接続部分の密閉に使用されるシールの一種
 

 シールとは

接続部の間に挟んでボルト等で固定し、接続部の隙間を塞ぐことで内部を通る流体の漏出や異物混入を防止します。

環状で断面がOの形をしていることからこのように呼ばれています。

 

気圧や水圧などの圧力を利用して流体をシールする自封作用が特長で、

弊社では主に圧力容器や蛇口付容器(蛇口内部)に使用しています。

圧力容器には標準でシリコン製のOリングが付属しますが、

使用環境や内容物に合わせて材質の変更が可能です。

 

 

pcn-o-img_000
pcn-oring1_000

上:Oリング例
下:断面図

加圧容器例
(フランジオープン型加圧容器)

蓋の開口部(本体側に溝)

 

Oリングの仕組み
o-1
o-2
o-3
      

①溝にOリングをセットする

②Oリングの反発力で

内側にある流体がシールされる

③流体の圧力でOリングが

溝に押し付けられ、よりシールされる



テーマ別に、用語集よりも詳しく解説した技術コラムもございます。
>>ステンレス容器の技術コラムはこちら

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

FAXでのお問い合わせ

048-996-8781

24時間受付

PAGE
TOP