HACCPとは

 
危害を事前に予測し、重点的に記録・管理する食品衛生管理の方法
 

Hazard Analysis and Critical Control Point」の略称で、ハサップまたはハセップと読みます。

危害分析重点管理点とも言います。

食品の衛生管理について国際的な規格として、CODEX(コーデックス)という機関により定められました。

 

従来の一般衛生管理プログラムが主に完成品の抜き取り検査で安全性を確認していたのに対し、

HACCPは「品質は工程で作り込む」考えに基づいています。

HA(Hazard Analysis)

:材料入荷~出荷まで、あらかじめ過去の実績から問題が発生する可能性がある工程(重点管理点)を洗い出し、

CCP(Critical Control Point)

:科学的根拠に基づいた方法で予防・結果の記録・分析をする

一般衛生管理プログラムと並行し、重点管理点をコントロールすることで

効率よく全製品への問題対策をとれる点が特長です。



テーマ別に、用語集よりも詳しく解説した技術コラムもございます。
>>ステンレス容器の技術コラムはこちら

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

FAXでのお問い合わせ

048-996-8781

24時間受付

PAGE
TOP