日東金属工業株式会社 > ステンレス容器の基礎用語集 > コンタミネーション/コンタミとは

コンタミネーション/コンタミとは

 
製造から包装・移送までの間に、原材料として使用していない異物が混入してしまうこと。
 

「汚染」を意味する英単語です。

半導体・医薬品・食品工場など、高い衛生グレードが要求される環境では特に注意したい点です。

 

食品の原材料表示で「本品製造工場では、○○を含む製品を生産しています」

という文章が書かれていることがあります。

これは各メーカーが任意で表示している注意喚起で、

原材料に使用していないアレルギー物質が混入するコンタミネーションの危険性を示しています。

 

同じ工場の中でも特にコンタミネーションを防止したいエリアや工程では、

製造設備を製品ごとに専用化したり

空気を清浄してゴミを取り除き、温度や湿度もコントロールするクリーンルームという部屋を使用することがあります。

 クリーンルームとは

 

弊社のステンレス容器でできるコンタミネーションの防止策としては、

・錆びの発生防止(電解研磨・フッ素樹脂コーティングなどの表面処理)

・容器表面のバフ粉の除去(電解研磨)

・製品ごとに容器やパッキンを専用化(容器へのマーキングで識別管理)

・汚れが溜まるすき間をなくした容器の製作(【SMA】サニタリー容器

・劣化してちぎれたパッキンの混入防止(カラーパッキンPTFEパッキンの使用)

・中身の状態が見える蓋(【AF】透明アクリル蓋

などがあります。



テーマ別に、用語集よりも詳しく解説した技術コラムもございます。
>>ステンレス容器の技術コラムはこちら

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

FAXでのお問い合わせ

048-996-8781

24時間受付

PAGE
TOP