バフ研磨とは

 
ステンレスの表面を仕上げるために行う研磨方法の一種。
 

バフ研磨の例

「バフ」とはステンレスを研磨する際に使う道具の名称です。

綿やフェルトで作られた「バフ」を、ステンレスの表面に回転させながら当てることでステンレスの表面を研磨します。

この研磨を行うことで、

・加工時についたバリや跡を除去する。

・ステンレス表面の平滑度を向上する。

といった効果があります。

 

一方、バフ研磨を施した部分に研磨剤の油が付着してしまうデメリットもあります。

(研磨剤…研磨の際にバフに塗布する、磨き粉のようなもの。)

そのため弊社では溶接箇所や加工跡が残った部分など、必要最低限の箇所にのみバフ研磨を施しています。

研磨剤の細かい汚れを取り除きたい場合には、電解研磨がおすすめです。

 電解研磨とは



テーマ別に、用語集よりも詳しく解説した技術コラムもございます。
>>ステンレス容器の技術コラムはこちら

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

FAXでのお問い合わせ

048-996-8781

24時間受付

PAGE
TOP