日東金属工業株式会社 > 製品一覧 > オプション加工

オプション加工51件

材質変更

材質変更

ステンレス製品を標準の材質とは異なる材質で製作するオプション加工です。
 
○弊社製品の標準材質はSUS304ですが、内容物との相性や使用環境などに応じて変更可能です。
○腐食に強い容器がご希望でしたら、接液部(接粉部)を耐食性・耐孔性・耐粒界腐食性に優れたSUS316Lで製作します。
○ステンレス以外の材質でも製作実績があります。
○日東金属工業のステンレス容器は、ご希望の仕様でオーダーメイド製作が可能です。
 
SUS304とSUS316Lの違い
SUS304…最も一般に使用されているステンレス鋼で弊社製品の標準材質です。
SUS316L…SUS304より耐食性・耐孔性・耐粒界腐食性に優れた材質です。
 

関連製品や加工事例を見る

詳しく見る
板厚変更

板厚変更

ステンレス製品を標準の板厚とは異なる板厚で製作するオプション加工です。
 
○板厚はお客様のご希望に応じて変更可能です。
○容器の軽量化が目的でしたら、標準の板厚よりも板厚を薄くして製作します。
○容器の強度を上げたい場合には、標準の板厚よりも板厚を厚くして製作します。
○日東金属工業のステンレス容器は、ご希望の仕様でオーダーメイド製作が可能です。
 

関連製品や加工事例を見る

詳しく見る
補強板

補強板

ステンレス容器の強度を上げたい場合のオプション加工です。
 
○重い部品の取り付け箇所や負荷がかかる場所へ溶接にて取り付けます。
○補強板(当て板)を取り付けることで強度が上がり、歪みをおさえて変形や破損を防ぎます。
○補強板のサイズ・形状・板厚などは、取り付け位置やお客様のご希望にあわせて決定します。
○サニタリー性をご希望の場合は、全周溶接して液や汚れが入り込まないようにします。
○容器自体の板厚を上げることや、リブを加工することでも強度を上げることができます。
 

関連情報や加工事例を見る

詳しく見る

PAGE
TOP