日東金属工業株式会社 > オーダーメイド > ホッパー・脚付ホッパー
粉体などの投入・排出で使用される、円錐形状の容器の採用事例。

ホッパー・脚付ホッパー16件

【採用事例】スラリー液の供給ホッパー

【採用事例】スラリー液の供給ホッパー

○化学業界採用事例
SUS316L製小型ホッパーのオーダーメイド事例です。
 
固形物を含むスラリー液をポンプへ供給するために使用します。
液中の固体がどのくらいの高さまで溜まっているか見られるように、ホッパー側面に角フランジのぞき窓を取り付けました。
かぶせ蓋もあわせて製作しました。


設計担当コメント
サイズが小さいホッパー(今回は内径φ160mm)でも十分に内部を見られるよう、薄型の角フランジのぞき窓を採用し、可視範囲を可能な限り広くしました。


お客様の声
タンクやホッパーをオーダーメイドで作成していただけるメーカーを探したところ、HPで日東金属工業について知りました。寸法についてもある程度自由に指定でき、打ち合わせの場で図面をすぐに作成いただけたので、やりとりもスムーズに進められました。

詳しく見る
【採用事例】暴露対策付きの溶剤洗浄用ステンレスタンク

【採用事例】暴露対策付きの溶剤洗浄用ステンレスタンク

○化学業界採用事例

有機溶剤による部品洗浄時に使用する、ステンレスタンクのオーダーメイド事例です。
洗浄後の廃液を下部から排出できるホッパー型で、上部のフードからは揮発気体(溶剤ガス)を捕集し、作業者への暴露を低減します。

ポイント

  • フード奥側にあるノズルから揮発気体を捕集します。ノズル下部のヘルールは廃液回収タンクに接続し、そこからの揮発気体も捕集します。
  • 洗浄する部品を乗せるパンチング板は、部品のサイズによって位置(高さ)を変えられます。
  • 脚の間には着脱可能な板があり、廃液回収タンクやバットが置けるようになっています。
  • キャスターは溶剤に強い材質を選定しています。

営業担当コメント

ベースになった製品は粉塵の捕集用でしたが、気体の捕集用途でも作業環境の向上に貢献できました。

技術担当コメント

揮発気体の比重を考慮し、フードのノズルはできるだけ下部に取り付けました。ノズルはお客様が用意するホース径に合わせて設計しています。

詳しく見る
【採用事例】チョコレート湯せん・充填ホッパー

【採用事例】チョコレート湯せん・充填ホッパー

食品業界採用事例

チョコレート充填用のホッパーです。
湯せんが可能なジャケット付き仕様で、チョコレートをスムーズに充填できます。
ジャケットはノズル部分まであり、接続部分で冷えて固まってしまうのを防ぎます。


営業担当コメント

チョコレートを均一に温められるように、ジャケット内部に邪魔板を付けてお湯が全体に行き渡るようにしました。

詳しく見る
【採用事例】評価設備用 偏心ステンレスホッパー

【採用事例】評価設備用 偏心ステンレスホッパー

○化学業界採用事例

同様の大型設備が工場にあり、こちらはラボスケールの評価用設備として製作しました。
高粘度流体を扱い、高さが一定ではない様々な配管と接続して使用します。

このようなご要望をふまえて製作しました
TEHT-24をベースに、ホッパーが自立して、配管に負荷がかからない構造にしたい」「脚を3本つけアジャスターで微調整したい」


お客様の声
思ったよりも丈夫で安心しました。


設計担当コメント
アジャスターの調整範囲が100mm以上必要とのことで、通常よりねじの長さが長いアジャスターを選定しました。また、アジャスターのナットの位置を80mmにしたいとのことで、スペーサーを追加した設計にしました。

詳しく見る
【採用事例】ステンレス製 粉体分離サイクロン

【採用事例】ステンレス製 粉体分離サイクロン

○医薬品業界採用事例
粉体と空気の分離に使われるステンレス製サイクロン

以前納入したサイクロンをベースとしてカスタマイズしました。

カスタマイズ内容

  • サイクロン本体と蓋との間に設置するパッキンは元々PTFE製でしたが、密閉性の向上と内容物との相性を考慮し、EPDMパッキンを採用しました。
  • このサイズの容器は板厚t1.0mmが標準ですが、この製品は側面にノズルが付くため、板厚t1.5mmに変更し強度を上げました。
  • 側面のノズル位置は、本体上部のカール部分に近いほど縁巻き部の変形(=密閉性低下)の可能性がある点を考慮して、取り付け高さを調整しました。
詳しく見る
【採用事例】粉体計量・反転投入ユニット

【採用事例】粉体計量・反転投入ユニット

○食品業界採用事例
粉体の計量・投入用ユニット。
菓子材料(粉体)を計量し、ふるい機へ投入する工程で使われます。
 
集塵フード付きホッパー・集塵機・受け容器・秤・台車・反転投入用の蓋・リフターのセットです。
集塵フードには集塵機を接続し、粉体投入時に舞い上がる粉を回収します。
ホッパーと受け容器は、ポリエステル製のシュート(布)で接続します。
秤の天板にはステンレス製のカバーと受け皿を設置しています。
受け容器の下部には、反転投入時の空気取入口があります。
 
使用方法
・集塵フード付きのホッパーに材料を投入します。
・ホッパー下部の受け容器に溜まった材料を、容器下に設置した秤で計量した後保管します。
・受け容器の蓋を反転投入用の蓋(バルブ付き)へ付け替えます。
・リフターにて受け容器を反転させ、材料をふるい機へ投入します。
 


営業担当コメント
新設工場で新規導入の案件でした。ユーザー様はオールステンレス製を希望されていました。予算内でホッパー・集塵機・容器・リフターをステンレス製で提案でき、採用していただけました。

 

詳しく見る
粉体の投入計量用 集塵フード付きホッパー

粉体の投入計量用 集塵フード付きホッパー

化学メーカー様納入
〇粉体の計量に使用する、ステンレスホッパーのオーダーメイド事例です。
 
集塵フード付ホッパー 脚付【HTD-L】をベースにしたホッパーと秤、リフター、受け容器を組み合わせて使用します。
・フードには集塵機を接続でき、舞い上がる粉の飛散を抑えながら投入できます。
・フードはネジ止めになっており着脱可能です。
・フード上部には秤の重量表示パネルを設置するための座板を取り付けています。
・投入口の手前には作業台があり、粉が入った袋を置くことができます。
・ホッパー下部は、リフター、秤、受け容器が入るスペースを作っています。
 
<使い方>
・秤を載せたリフターに受け容器を置き、ホッパーの排出口まで上昇させます。
・ホッパーへ粉を少しずつ投入します。
・重量表示パネルにて、受け容器に入った粉の重量を確認しながら投入量を調節します。
・計量が終了したら、リフターを下降させ受け容器を取り出します。
 

関連製品やその他事例を見る

詳しく見る
30L角丸ホッパー 蓋付き

30L角丸ホッパー 蓋付き

機器メーカー様納入
○角型のステンレスホッパーと専用蓋のオーダーメイド事例です。
 
・通常仕様では蓋が付属しない角丸ホッパー【SRH-400×400】の専用蓋を、オーダーメイドで製作しています。
・蓋を追加することで、ホコリなどの侵入や異物混入を防止できます。
 

関連製品やその他事例を見る

詳しく見る
内部確認用角窓付きホッパー

内部確認用角窓付きホッパー

製薬メーカー様納入
○側面から内部を確認できるようにした、ステンレスホッパーのオーダーメイド事例です。
  
・高さを変更した縦長のホッパーに、容器一体型の細長いのぞき窓(角フランジのぞき窓【KNM】の特注品)を取り付けています。
・通常は窓の長さが~280mmですが、可視範囲をできる限り拡げるため、この製品の窓は長さを460mmにしています。
・容器側面には固定用のブラケットを追加し、装置や架台に取り付けできるようにしています。
・取っ手は液や汚れが溜まらない丸棒取っ手(サニタリー式)を採用しています。
 

関連製品やその他事例を見る

詳しく見る
作業台付きホッパー

作業台付きホッパー

食品メーカー様納入
○袋に入った粉の投入に使用する、作業台付きホッパーのオーダーメイド事例です。
 
・女性が作業しやすいように、作業台の高さを800mm以内に抑えています。
・容器は容量が150Lになるように設計しています。
・かぶせ蓋は半分だけ開閉できる仕様で、投入時に粉が舞い上がったり、異物が混入するのを防止します。
・横排出のドレンを採用し、ホッパーに入った粉は空気輸送で次工程に運ばれていきます。
 

関連製品やその他事例を見る

詳しく見る
原料投入ホッパー(内面コーティング)

原料投入ホッパー(内面コーティング)

食品製造メーカー様 納入
○地ビール生産工程の原料投入用で使用される、ステンレスホッパー型容器のオーダーメイド事例です。

 
・内面にフッ素樹脂コーティングを施し、洗浄性や滑り性を向上させています。
・原料が残留しないように、ホッパー下部にノッカーを取り付けています。
・蓋は、内容物の投入や確認が簡単におこなえる開閉蓋を採用しています。

関連製品やその他事例を見る

詳しく見る
パンチングホッパー サイクロン密閉容器

パンチングホッパー サイクロン密閉容器

食品機械メーカー様納入
〇材料とエアーの分離に使用する、ステンレスサイクロンのオーダーメイド事例です。
 
・エアーと共に搬送された材料を、材料のみ製造機械へ投入するために使用します。
・投入時にエアーと材料を分離し、エアーはパンチングの穴より排気されます。
・分離された材料は、ホッパー下部排出部より製造機械へ落ちていきます。
・ホッパー下部排出部は、製造機械の投入口に合わせた形状で製作しています。
 

その他事例を見る

詳しく見る

PAGE
TOP