日東金属工業株式会社 > ニュース > 技術コラム > 【技術コラム】バフ研磨はしないほうがいい?ステンレス容器メーカーのこだわりとは

【技術コラム】バフ研磨はしないほうがいい?ステンレス容器メーカーのこだわりとは

2022.2.10

ステンレス製品の最後の仕上げに行われることの多い「バフ研磨」。一般的に、ステンレスの表面がぴかぴかになっているのはバフ研磨をおこなっているからです。

バフ研磨を行うと、加工時についたバリや傷を除去したり、表面の平滑度を向上できます。とても綺麗な見た目に仕上がるため、バフ研磨を行うことが一般的です。

しかし、綺麗なのはあくまでも「見た目」。基本的にはバフ研磨をしないほうが、綺麗な状態を保てるのです。この記事ではその理由と、日東金属工業のこだわり・考え方についてご説明します。

このコラムを読む

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP