日東金属工業株式会社 > ニュース > 技術コラム > 【技術コラム】そんなに締めて大丈夫?パッキンで見る締め付けトルクの重要性

【技術コラム】そんなに締めて大丈夫?パッキンで見る締め付けトルクの重要性

2020.11.12

ヘルールをクランプで締めるとき、必要以上に力を加えてしまうとヘルールパッキンがはみ出してしまうことがあります。

はみ出したパッキンはそれ自体が異物となって混入するリスクがあるだけではなく、余計なスペースを作り出すことによって内容物が残留・固着し、コンタミネーションを生じさせる可能性もあります。必ずしも強く締めればよいというわけではなく、適切な力で締めることが大切です。

今回のコラムでは、ヘルールをクランプで締めた場合、締め付けトルクによってどれだけパッキンがはみ出すのかを実験してみました。

このコラムを見る 

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP