日東金属工業株式会社 > ニュース > 製品情報 > 【片テーパー型容器】実験動画を公開しました。

【片テーパー型容器】実験動画を公開しました。

2020.9.30

KTTとKTTX|排出性の違いとは

片テーパー型容器【KTT】の底板の傾斜角度は約3度ですが、新ラインナップの急傾斜型【KTTX】は角度をさらに急にした約10度。排出性を高めています。

では、実際どれだけ排出性に差があるのか。詳しくは動画でお確かめください。

この動画を見る 

動画で使用している製品はこちら

YouTubeで製品動画を公開しています

日東金属工業のYouTubeチャンネルでは、自社製品を使用した「実験動画」や「製品の特長がよくわかる動画」を公開しています。ぜひ一度ご覧いただき、よろしければチャンネル登録をお願いします。

YouTubeチャンネルはこちら 

製品の事ならなんでもご相談ください。
ご希望に合わせて製品カスタマイズも可能です。

電話でのお問い合わせ

048-996-4221 平日 9時~17時

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームは
こちら

PAGE
TOP